センター研究員

加藤 大貴 /Hiroki Kato< 研究者一覧へ戻る

一橋大学社会科学高等研究院(HIAS) 特任助教

【略歴】

2017年に青山学院大学国際政治経済学部を卒業。その後、大阪大学大学院経済学研究科で修士号を取得。同大学の特任研究員および大阪大学感染症総合教育研究拠点の招へい研究員を経て2023年に一橋大学に着任。専門は行動経済学、応用ミクロ計量経済学。医療分野では、骨髄バンクにおけるコーディネーションを促進する情報提供の介入実験や、2019年度から厚生労働省が実施している風しん追加定期接種におけるワクチン接種を促進する情報提供の介入実験・接種券郵送の効果検証を行っている。

【最近の研究成果】
  • 加藤大貴、大竹文雄「テレワークは転職を増やすのか」(樋口美雄、労働政策研究・研究機構編『検証・コロナ期日本の働き方-意識・行動変化と雇用政策の課題』慶應義塾大学出版会、368頁)307~325頁、2023年 分担著 ISBN:978-4-7664-2885-8
  • 大竹文雄、加藤大貴「緊急事態宣言は誰の働き方を変えたか」(樋口美雄、労働政策研究・研究機構編『コロナ禍における個人と企業の変容-働き方・生活・格差と支援策』慶応義塾大学出版会、384頁)137~157頁、2021年 分担著 ISBN:978-4-7664-2780-6
  • 大竹文雄、加藤大貴、重岡伶奈、吉内一浩、樋田紫子、黒澤彩子、福田隆浩「骨髄バンク登録者・幹細胞提供者の行動経済学的特性」『行動経済学』13巻、32~52頁、2020年8月 DOI: https://doi.org/10.11167/jbef.13.32
  • Ohtake, F., H. Kato, R. Shigeoka, K. Yoshiuchi, Y. Hida, S. Kurosawa, and T. Fukuda, 2020. "Behavioral Characteristics of Bone Marrow Registrants and Stem Cell Donors." Journal of Behavioral Economics and Finance 13: 32-52. DOI: https://doi.org/10.11167/jbef.13.32. (in Japanese)
 

研究業績・経歴詳細(一橋大学 研究者情報)