一橋大学社会科学高等研究院が開催した第2回一橋サマーインスティテュート(HSI2016)にて医療経済の研究報告を行いました。
8月1日(月)から6日(土)の日程で行われた国際カンファレンス、HSI2016、は延べ250名に近い参加者を集め盛況のうちに修了しました。医療経済分野の報告として4日目のセッション、The Economics of Services: Microfoundations, Measurement, and Productivity Policyの中で国立社会保障人口問題研究所の安藤道人研究員が「Identifying Tax Mimicking in Municipal Health Insurance: Evidence from a Boundary Reform」について報告をいただきました。
 
img_03講演中の安藤道人氏
img_04The Economics of Services セッション参加者
 
HSI2016についての詳細はこちら(HSI2016ウエブサイト)から