2017年9月15日発売の「一橋ビジネスレビュー 」Vol. 65、 No.2(東洋経済新報社発行)で「健康・医療戦略のパラダイムシフト」が特集されました。
 
BzReview

特集の目次から

特集にあたって佐藤主光・林大樹
特集論文-I 健康・医療戦略で変わる日本池田陽平
特集論文-II 病院経営 -その実態と処方箋-北沢真紀夫
特集論文-III 医療保険者の機能強化と医療提供者とのコラボレーションの構築森山美知子
特集論文-IV 地域を巻き込む食育とヘルスプロモーション -沖縄における食による長寿再生-等々力英美
特集論文-V 健康・医療戦略に先行するイノベーティブな企業のビジネスモデル林大樹
特集論文-VI 日本における医療管理学の展開 -医療管理学の変遷と教育プログラムの特徴・課題-阪口博政
 

詳しくはこちらから

一橋大学イノベーション研究センター(外部リンク) 

ご購入はこちらから

東洋経済新報社オンラインストア(外部リンク) 

一橋ビジネスレビューについて

『一橋ビジネスレビュー』(東洋経済新報社発行)は、一橋大学イノベーション研究センターの責任編集による季刊誌(3月、6月、9月、12月刊行)で、2000年9月に誌面を刷新、「経営学」と「ビジネスの現場」を結ぶ日本発の本格的なマネジメント誌として高い評価を得ています。

年4回、時々の重要なテーマを軸にした特集論文のほか、具体的な企業活動を丹念に描写したビジネス・ケース、経営学の最先端の動きを初心者にも分かりやすい形で解説する連載論文「経営学のイノベーション」シリーズ、独自の視点からの注目経営者にインタビューする「マネジメント・フォーラム」など、併せて掲載しています。

執筆陣には、一橋大学を代表する経営学者はもちろんのこと、他大学、官公庁、産業界という広い範囲から選りすぐりの筆者を集め、経営学の研究者・学生にとどまらず、一般のビジネスマン、経営者にとっても読み応えのある内容を提供しています。

(一橋大学イノベーション研究センター HPより)