Max Planck Institute for Demographic ResearchのPeter Eibich博士を講師にお迎えして、2021年2月3日(水)に定例研究会を開催しました。
"Care or self-care? The impact of informal care provision on health behaviour"のタイトルで報告が行われ、報告内容について活発な議論が行われました。
 
   
 定例会の様子
---------
日時2021年2月3日(水)16:00-17:30
会場オンライン開催
報告者Dr. Peter Eibich (Deputy Head, Research Group on Labor Demography, Max Planck Institute for Demographic Research)
タイトルCare or self-care? The impact of informal care provision on health behaviour
言語
英語