2017年5月19日(金)に本学とシンガポールマネージメント大学がWebinar(Web会議システムを用いたワークショップ)「Ageing and Healthcare Economics and Management」を開催しました。日本、シンガポール、ニュージーランドをつないだこのWebワークショップでは、SMUのiCity Lab (SMU-Tara Consultancy Services’ (TCS’) Intelligent Cities Project) とCREA(Centre for Research on the Economics of Ageing)の二つの研究プロジェクト、一橋大学からは社会科学高等研究院 医療政策・経済研究センターが参加しました。
SMUからはデータ・ベース、ICTを活用した高齢者支援、一橋大学からは白瀨由美香センター研究員が北海道を事例とした包括ケア、林大樹センター研究員がICTによる高齢者の見守りの研究を紹介し討論を行いました。
名称未設定-1
 
このWebinarは、SIGMA*の事業の一環としておこなわれました。
*SIGMA (Societal Impact and Global Management Alliance): 一橋大学、SMUを含む9大学が加盟する社会科学系大学の連合
 
加盟大学Copenhagen Business School (Denmark)
 ESADE Business School (Spain)
Fundacao Getulio Vargas (Brazil)
 Hitotsubashi University
 Renmin University of China (China)
 Singapore Management University (Singapore)
 Universite Paris Dauphine (France)
 University of St. Gallen (Switzerland)
 Vienna University of Economics and Business (Austria)
 
関連リンク
iCity Lab (SMU-Tara Consultancy Services’ (TCS’) Intelligent Cities Project) CREA(Centre for Research on the Economics of Ageing)Singapore Management University (SMU)