2017年12月12日から15日にわたり開催される「UHCフォーラム2017」において、本会議の前後に開かれるサイドイベントの一つとして、国際協力機構(JICA)、セネガル共和国政府、世界銀行、世界保健機関(WHO)と合同で12月12日(火)12:30-14:30に「Strengthen Country Monitoring Systems of UHC SDG Indicators: A Case of Senegal and Global Practices」を開催いたします。本イベントでは、佐藤主光センター長(一橋大学大学院経済学研究科教授)が、現在、JICA、セネガル政府と進めているセネガル共和国の共済保健組合に関する研究に関する発表を行います。
 
ユニバーサル・ヘルス・カバレッジ(UHC)の達成は、持続可能な開発目標(SDGs)において国際的な目標と位置づけられています。「UHCフォーラム2017」は、UHC推進の具体的道筋を議論する機会として、日本政府、世界銀行、WHO、ユニセフ、UHC2030、およびJICAの主催で開催されるものです。
 
 
タイトルStrengthen Country Monitoring Systems of UHC SDG Indicators: A Case of Senegal and Global Practices
日時2017年12月12日(火)12:30-14:30 (軽食付)
会場東京プリンスホテル 3階 紅梅
定員約76名(先着順)
登壇予定世界銀行、世界保健機構(WHO)、セネガル保健社会活動省、セネガル医療保健庁、セネガル国家統計庁、国際協力機構(JICA)、一橋大学
概要セネガル政府とパートナー機関が日本の学術界とも連携しながら実施している各種統計調査・分析の事例を紹介し、持続可能な開発目標にも含まれているUHC指標(基礎的保健サービスと医療保障のカバー率)のモニタリング体制をいかに確立していくべきかについて議論する。
参加申込方法件名を「【申込】UHCフォーラム2017サイドイベント参加」としていただき、氏名・職位・所属先・連絡先(電話・メールアドレス)・参加を希望されるサイドイベント名「Strengthen Country Monitoring Systems of UHC SDG Indicators: A Case of Senegal and Global Practices」を本文に記載の上、下記の参加申込先メールアドレスに送付してください。
参加申込締切お申込み締切りは2017年12月7日(木)とさせていただきます。定員に達した場合には締切り前であっても受付終了となる場合がありますのでご了承願います。
参加申込先
お問合せ先
JICA 人間開発部保健第一グループ 戸川 Togawa.Shotaro@jica.go.jp

 

関連リンク

UHCフォーラム2017UHCフォーラム2017 サイドイベント「UHCフォーラム2017」におけるJICA主催・共催サイドイベント <PDF>

UHC logo_JPN-1

持続可能な開発目標(SDGs)