センター研究員

姚 瑩 /Ying Yao< 研究者一覧へ戻る

Ying

一橋大学社会科学高等研究院 (HIAS) 特任助教

【略歴】

雲南大学、中華人民共和国、にて2007年にMA(Economics)を取得。政策研究大学院大学(National Graduate Institute for Policy Studies (GRIPS)にて、2012年にMA、2015年にPh. D(いずれもPublic Economics)を取得。2015年より、アジア開発銀行研究所(Asia Development Bank Institute)に勤務し、所得不均衡と健康、健康行動、貿易金融、金融デジタル化とインクルージョンなど政策志向の研究プロジェクトに参画してきた。2017年6月1日より一橋大学社会科学高等研究院特任助教。「医療経済と産業組織」を研究テーマとし、ことに製薬産業に焦点を当てている。

【Peer Reviewed Journals】

Yao,Y.,  G. Wan, and D. Meng, “Income distribution and health: can polarization explain health outcomes better than inequality?”, European Journal of Health Economics, Forthcoming.

Yao, Y. and M. Tanaka, “Price Offers of Pharmaceutical Procurement in China: Evidence from Guangdong Province,” European Journal of Health Economics, 17(5), 563-575, 2016.

 

【Report & Working Papers】

DiCaprio A., Y. Yao, and R. Simms, “Women and Trade: Gender’s Impact on Trade Finance and Fintech,” ADBI Working Paper No.797, 2017

DiCaprio A. and Y. Yao, “Drivers of Trade Finance Gaps,” ADBI Working Paper No.678, 2017

DiCaprio, A., S. Beck, Y. Yao, and F. Khan, “2016 Trade Finance Gaps, Growth, and Job Survey,” ADB Brief, 64, 2016.