センター客員研究員

湯田 道生 /YUDA, Michio< 研究者一覧へ戻る

Yuda

東北大学大学院経済学研究科 准教授

【略歴】

2002年横浜国立大学経済学部卒業、2007年一橋大学大学院経済学研究科博士後期課程修了ならびに博士(経済学)取得。日本学術振興会特別研究員(DC2)、東京大学高齢社会総合研究機構客員研究員、RAND Corporation 客員研究員、中京大学経済学部准教授などを経て、2018年から現職。専門は医療経済学・社会保障論。主として、ミクロデータを用いた応用計量経済分析に従事している。著書に『公共経済学研究V』(勁草書房、2012年共編著)、『健康政策の経済分析:レセプトデータによる評価と提言』(東京大学出版会、2016年共著)、『国民健康保険財政の経済分析』(勁草書房、2018年単著)がある。

【著書】

湯田道生(2018)『国民健康保険財政の経済分析』,勁草書房

岩本康志・鈴木亘・両角良子・湯田道生(2016)『健康政策の経済分析:レセプトデータによる評価と提言』,東京大学出版会(第60回日経・経済図書文化賞受賞)

白井正敏・釜田公良・湯田道生(編)(2012)『公共経済学研究V』,勁草書房

 

【論文】

Yuda, M., “Structural and Regional Characteristics and Cost Efficiencies in the Local Public Health Insurance System: Empirical Evidence from the Japanese National Health Insurance System,” Journal of Economics and Public Finance, 2(2), 262-279, 2016.

Yuda, M. and J. Lee, “Effects of Informal Caregivers’ Health on Care Recipients,” Japanese Economic Review, 67(2), 192-210, 2016.

Yuda, M., “Inefficiencies in the Japanese National Health Insurance System: A Stochastic Frontier Approach,” Journal of Asian Economics, 42, 65-77, 2016.

Yuda, M., “Medical Fee Reforms, Changes in Medical Supply Densities, and Supplier-Induced Demand: Empirical Evidence from Japan,” Hitotsubashi Journal of Economics, 4(1), 79-93, 2013.

Yuda, M., “The Impacts of Recent Smoking Control Policies on Individual Smoking Choice: The Case of Japan,” Health Economics Review, 3, Article 4, 2013.

Yuda, M., “The Effect of Habitual Smoking on Labor Productivity,” Applied Economics Letters, 18(12), 1125-1132, 2011.