センター客員研究員

湯田 道生 /Michio Yuda< 研究者一覧へ戻る

東北大学大学院経済学研究科 准教授

【略歴】

2002年横浜国立大学経済学部卒業、2007年一橋大学大学院経済学研究科博士後期課程修了ならびに博士(経済学)取得。日本学術振興会特別研究員(DC2)、東京大学高齢社会総合研究機構客員研究員、RAND Corporation 客員研究員、中京大学経済学部准教授などを経て、2018年から現職。専門は医療経済学・社会保障論。主として、ミクロデータを用いた応用計量経済分析に従事している。著書に『公共経済学研究V』(勁草書房、2012年共編著)、『健康政策の経済分析:レセプトデータによる評価と提言』(東京大学出版会、2016年共著)、『国民健康保険財政の経済分析』(勁草書房、2018年単著)がある。

【著書】

湯田道生(2018)『国民健康保険財政の経済分析』,勁草書房

岩本康志・鈴木亘・両角良子・湯田道生(2016)『健康政策の経済分析:レセプトデータによる評価と提言』,東京大学出版会(第60回日経・経済図書文化賞受賞)

白井正敏・釜田公良・湯田道生(編)(2012)『公共経済学研究V』,勁草書房

 

【論文】

Yuda, M., “Medical Assistance System and Inpatient Health Care Provision: Empirical Evidence from Short-term Hospitalization in Japan,” PLOS ONE, 13(10), e0204798, 2018.

Yuda, M., “Public and Social Environment Changes and Caesarean Section Delivery Choice in Japan,” BMC Research Notes, 11, 633, 2018.

Yuda, M. and J. Lee, “Effects of Informal Caregivers’ Health on Care Recipients,” Japanese Economic Review, 67(2), 192-210, 2016.

Yuda, M., “Inefficiencies in the Japanese National Health Insurance System: A Stochastic Frontier Approach,” Journal of Asian Economics, 42, 65-77, 2016.

Yuda, M., “Medical Fee Reforms, Changes in Medical Supply Densities, and Supplier-Induced Demand: Empirical Evidence from Japan,” Hitotsubashi Journal of Economics, 4(1), 79-93, 2013.

Yuda, M., “The Impacts of Recent Smoking Control Policies on Individual Smoking Choice: The Case of Japan,” Health Economics Review, 3, Article 4, 2013.

Yuda, M., “The Effect of Habitual Smoking on Labor Productivity,” Applied Economics Letters, 18(12), 1125-1132, 2011.