センター客員研究員

渡邊 亮 /WATANABE, Ryo< 研究者一覧へ戻る

ryowatanabe

神奈川県 知事部局政策局 ヘルスケア・ニューフロンティア推進本部室 
神奈川県立保健福祉大学 

【略歴】

オハイオ大学卒業。外資系病院コンサルティング会社を経て、東京大学大学院医学研究科公共健康医学専攻に進学。臨床疫学・経済学分野に在籍、2011年に同専攻修了、公衆衛生学修士を取得。2012年より一橋大学大学院博士後期課程に進学、医療におけるバランスト・スコアカードの活用をテーマとして2015年に同課程修了、博士(商学)を取得。東京医科大学 総合情報部を経て、2017年9月より現職。現在は医療情報を活用した医療経済・医療経営研究を行っている。医療情報技師。埼玉県立大学非常勤講師、東京医科歯科大学非常勤講師、日本医療研究開発機構科学技術調査員。

【最近の研究成果:学術論文(和文)】

渡邊亮(2016) 「爪白癬診 断における白癬菌抗原キットの費用最小化分析『日本医療・病院管理学会誌』, 53(Suppl.), 227-227.

荒井耕・古井健太郎・渡邊亮・阪口博政・横谷進(2016) 「診療プロセス管理の財務的観点からの重要性:病院管理職の認識に基づいて」『日本医療マネジメント学会雑誌』, 16(4), 209-213.

阪口博政・荒井耕・渡邊亮(2016) 「医療機関におけるコスト・ベンチマークの取り組み」『原価計算研究』, 40(1), 88-97.

渡邊亮・阪口博政・荒井耕(2015) 「医療機関におけるバランスト・スコアカードの活用状況と効果の検討―導入病院に対するインタビュー調査結果―」『日本医療・病院管理学会誌』, 52, 220.

阪口博政・荒井耕・渡邊亮(2015) 「医療法人における予算管理の事例研究」『原価計算研究』, 39(2), 24-34.

阪口博政・渡邊亮・荒井耕(2015) 「医療機関における責任センター別原価計算に基づいた予算管理に関する考察-6病院へのインタビュー調査を通して-」『医療と社会』, 25(1), 141-153.

渡邊亮・荒井耕・阪口博政(2015) 「医療機関におけるバランスト・スコアカードの活用状況-DPC/PDPS導入病院を対象とした質問票調査を通じて-」『メルコ管理会計研究』, 7(2), 15-24.

荒井耕・渡邊亮・阪口博政(2013) 「DPC関連病院における管理会計の活用状況」『産業經理』, 73(3), 77-89.

 

【最近の研究成果:学術論文(英文)】

Arai, K., Koi, K., Watanabe, R., Sakaguchi, H., & Yokoya, S., “Importance of care process management in terms of financial perspective: based on knowledge of hospital managers,” The Journal of Japan Society for Health Care Management, 16(4), 209-213, 2016.

Watanabe, R., Ohara, T., & Narikiyo, T., “Organizational structure and information system architecture for data analytics,” ITvision, 33, 54-55, 2016.

Sakaguchi, H., Watanabe, R., & Arai, K, “A study of the budgeting system based on cost accounting in hospitals,” Journal of Health Care and Society, 25(1), 141-153, 2015.

Watanabe, R., Arai, K., & Sakaguchi, H, “Utilization of balanced scorecard in healthcare Facilities -A questionnaire survey of acute care hospitals in Japan-,” Melco Journal of Management Accounting Research, 7(2), 15-24, 2015.

Arai, K., Watanabe, R., & Sakaguchi, H, “The usage of managerial accounting in DPC-related hospitals in Japan,” Sangyo-keiri, 73(3),77-89, 2013.

Watanabe, R., & Hashimoto, H., “Horizontal inequity in healthcare access under the universal coverage in Japan; 1986-2007,” Social Science & Medicine, 75(8), 1372-1378, 2012.

Ikegami, N., Yoo, BK., Hashimoto, H., Matsumoto, M., Ogata, H., Babazono, A., Watanabe, R., Shibuya, K., Yang, BM., Reich, MR., & Kobayashi, Y., “Japanese universal health coverage: evolution, achievements, and challenges,” Lancet, 378(9796), 1106-1115, 2011.