センター客員研究員

戸辺 誠 /TOBE, Makoto< 研究者一覧へ戻る

trimming_Photo_(Makoto_TOBE)

国際協力機構(JICA) 国際協力専門員(保健財政・保健システム) 

【略歴】

開発途上国における「ユニバーサル・ヘルス・カバレッジ(UHC)」(すべての人が負担可能な費用で質の高い保健医療サービスが受けられること)の達成支援にかかる実践と研究に20年間従事。2015年より国際協力機構(JICA)国際協力専門員として、アジア、アフリカ、ラテンアメリカにおけるUHCに関する政府開発援助(ODA)の事業形成や効果研究を実施中。2012年から2015年にかけ、フィリピンの山岳地帯における妊産婦ケア提供体制強化と健康保険加入促進を組み合わせた技術協力プロジェクトにチーフアドバイザーとして従事。フィリピン経済開発庁優良ODA事業賞(2014年)およびJICA理事長賞(2017年)受賞。フィリピン国民健康保険制度の高額自己負担医療費抑制効果に関する研究により2012年に東京大学大学院より博士号(保健学)を、2004年にエール大学公衆衛生大学院より公衆衛生学修士号を取得。

【論文】

Tobe M. (ed.), “Good Practice Booklet – Reducing maternal and child mortality in the Cordillera,” Department of Health, Philippines and Japan International Cooperation Agency, 2015.

Tobe M, Stickley A, del Rosario RB, and Shibuya K., “Out-of-pocket expenditure for inpatient care among beneficiaries of the National Health Insurance Program in the Philippines,” Health Policy and Planning, doi: 10.1093/heapol/czs092. 2012.

Tobe M., “Catastrophic out-of-pocket expenses for inpatient care among beneficiaries of the National Health Insurance Program in the Philippines,” The University of Tokyo (Doctoral Thesis), 2012.

Morikawa H. and Tobe M. “Long-term mental health and psychological care for the victims of violence: Project for strengthening integrated health care for the population affected by violence and human rights violations in the Republic of Peru,” The 8th Asia Pacific Conference on Disaster Medicine, 2006.

Tobe M., “Roles of UNICEF Vientiane in HIV/AIDS prevention, care and support in Lao PDR,” Yale University School of Public Health, (Master Thesis), 2004.