センター研究員

Thomas Rouyard /< 研究者一覧へ戻る

330_x_330_Rouyard T_photo

一橋大学社会科学高等研究院 (HIAS) 特任助教

【略歴】

フランスのParis School of Economicsにて修士(経済学)を取得後、英国のオックスフォード大学でDPhil (Population Health) を取得。2019年6月にHIAS に着任する以前は、European Institute for Innovation and Technology(EIT)のDoctoral Transition Fellowとしてオックスフォード大学に在籍。これまで、2型糖尿病患者を対象として、ライフスタイル改善を促進するための行動経済学的介入の開発を行ってきた。現在は、国際保健(グローバルヘルス)分野における効果的な保健介入の設計のための理論・実証研究を行っている。特に、行動経済学の知見を用いた慢性疾患の予防と管理の新たなアプローチの探索を行っている。

【Recent publications】
Rouyard, T., A. Attema, R. Baskerville, J. Leal, A. Gray, "Risk attitudes of people with ‘manageable’ chronic disease: an analysis under prospect theory," Social Science & Medicine, 214, 144-153, 2018.

Rouyard, T., J. Leal, R. Baskerville, C. Velardo, D. Salvi, A. Gray, "Nudging people with Type 2 diabetes towards better self-management through personalised risk communication: a pilot randomised controlled trial in primary care," Endocrinology, Diabetes & Metabolism, e00022, 2018.

Rouyard, T., S. Kent, R. Baskerville, J. Leal, A. Gray, "Perceptions of risks for diabetes-related complications in Type 2 diabetes populations: a systematic review," Diabetic Medicine, 34(4), 467-477, 2017.