受講申込を締め切りました。多数のご応募ありがとうございました。

 
本コースでは、費用対効果分析の理論とその使い方について、英国において同分野をリードしてきたヨーク大学医療経済研究所のMark Sculpher教授による講義および演習を行います。
 
大学院生および医療経済に関心のある社会人の方々を対象とし、表計算ソフトを用いて費用対効果分析を実践的に学習していただける内容となっております。演習では複数の日本人研究者がサポートに入り、疑問点などに随時対応いたします。
 
受講ご希望の方は、4月10日(月)までに、こちらの受講申込書をご提出下さい(Web申込)。受講申込書に基づいて書類選考を行います。選考結果は、4月14日(金)までに申込者全員にお知らせします。
 

プログラム

9:45-9:50開講の挨拶
9:50-10:00全体の概要説明
10:00-11:00Lesson 1費用対効果分析の基礎(30分の講義の後、30分間の演習)
What is cost-effectiveness analysis?
What measure of benefits?
Selecting options to compare
Decision rules
Thresholds ‒ conceptual and empirical
Issues and debates
11:00-12:00Lesson 2費用対効果分析の実践(30分の講義の後、30分間の演習)
Trials and models in Cost Effectiveness Analysis
Examples of trial-based studies
Problems with trial-based studies
Key elements of decision modelling
12:00-13:00昼食
13:00-15:00Lesson 3意思決定モデリング入門(60分の講義の後、60分間の演習)
Why modelling?
Decision trees
Basic Markov modelling
Uncertainty analysis
 
 

チラシダウンロードはこちらから(PDF)

 
主催 一橋大学社会科学高等研究院 医療政策・経済研究センター
共済 公益財団法人 二十一世紀文化学術財団