センター客員研究員

森山 美知子 /MORIYAMA, Michiko< 研究者一覧へ戻る

moriyama2

広島大学大学院医歯薬保健学研究科 成人看護開発学 教授

【略歴】

1992年カリフォルニア州立大学フレズノ校看護学部大学院修士課程修了、2000年山口大学で博士(医学)を取得。京都第一赤十字病院、日本赤十字社医療センターで看護師。1992年山口県立大学看護学部講師。1997年~2002年まで厚生労働省(看護医療専門官等)勤務。2002年広島大学教授。米国でホスピス・グループホーム、訪問看護、高次脳障害家族サポートセンター、アルツハイマー病診断センター、市民病院等で臨床を経験。2010年慢性疾患管理(疾病管理)を行う会社(広島大学発ベンチャー企業)株式会社DPPヘルスパートナーズを設立(取締役会長)。全国の医療保険者に看護師・保健師による疾病管理プログラムを提供。

【著書】

日本プライマリ・ケア連合学会編(2016)『日本プライマリ・ケア連合学会 プライマリ・ケア看護学 基礎編』,南山堂

森山美知子(2007)『新しい慢性疾患ケアモデル―ディジーズマネジメントとナーシングケースマネジメント』,中央法規出版

森山美知子・済生会山口総合病院看護部(1998)『ナーシング・ケースマネジメント-退院計画とクリティカルパス』, 医学書院

 

 【論文】

Kazawa K, S. Iwamoto, M. M. Rahman, and M. Moriyama, “Health resource utilization and comorbidities in patients with mental dis-orders: analysis based on health insurance claim data," Health, 2017 (in press).

Kiriake A. and M. Moriyama, “Development and Testing of the Partnership Scale for Primary Family Caregivers Caring for Patients with Dementia,” Journal of Family Nursing 1074840716656450, first published on July 12, 2016 as doi:10.1177/1074840716656450.

斜森亜沙子・森山美知子(2015)「わが国のプライマリ・ケア機能を担う診療所における看護師の担うべき役割と必要な能力」『日本プライマリ・ケア連合学会誌』, 38(2), 102-110.

Kazawa K., K. Yamane, N. Yorioka, and M. Moriyama, “Development and Evaluation of Disease Management Program and Service Framework for Patients with Chronic Diseases,” Health, 7(6), 729-740 (DOI:10.4236/health.2015.76087), 2015.

Takeshita Y, M. Ikeda, S. Sone, and M. Moriyama, “The Effect of Educational Intervention regarding Advance Care Planning for Advance Directives,” Health, 7(8), 934-945 (DOI: 10.4236/health.2015.78111), 2015.

Kazawa K, M. Moriyama, M. Oka. S. Takahashi, M. Kawai, and M. Nakano, “Efficacy and Usability of an E-learning Program for Fostering Qualified Disease Management Nurses,” Health, 7(8), 955-964 (DOI: 10.4236/health.2015.78113), 2015.

Moriyama M., Y. Takeshita, T. Haruta, N. Hattori, and E. C. Ezenwaka, “Effects of a 6-month nurse-led self-management program on comprehensive pulmonary rehabilitation for patients with COPD receiving home oxygen therapy,” Rehabilitation Nursing, 40(1), 40-51, 2015

Kazawa, K., Y. Takeshita, N. Yorioka, and M. Moriyama, “Efficacy of a disease management program focused on acquisition of selfmanagement skills in pre-dialysis patients with diabetic nephropathy: 24 months follow-up,” Journal of Nephrology, DOI: 10.1007/s40620-014-0144-2, 2014.

Yoshioka S., M. Moriyama, and Y. Ohno, “Efficacy of the End-of-life Nursing Care Continuing Education Program for Nurses in General Wards in Japan,” American Journal of Hospice and Palliative Medicine, published online 16 June 2013, DOI: 10.1177/1049909113491133, 2013

Otsu H, and M. Moriyama, “Follow-up study for a disease management program for chronic heart failure 24 months after program commencement,” Japan Journal of Nursing Science, 9(2), 136-148 (doi:10.1111/j.1742-7924.2011.00194.x), 2012.

 

【報告書】

森山美知子:第4章 Population Health Managementに基づいた地域包括ケアシステムの展開.「医療・介護に関する研究会報告書.財務総合政策研究所, 2016年5月31日 リンク
 

森山美知子:第7章 Accountable Care Organizations―日本への示唆.「医療・介護に関する研究会報告書.財務総合政策研究所, 2016年5月31日 リンク
 

沖縄県後期高齢者医療広域連合・広島大学大学院医歯薬保健学研究院:後期高齢者医療制 医療費等分析共同研究事業報告書.平成28年3月

那覇市・広島大学大学院医歯薬保健学研究院:那覇市国民健康保険・ 後期高齢者医療制度医療・介護費分析 共同研究報告書. 平成28年3月

呉市共同研究報告書(平成25年度~26年度)「呉市糖尿病性腎症等重症化予防事業:CKD重症化予防プログラムの効果の検討--セルフマネジメント行動の獲得を主眼としたCKD (Chronic Kidney DIsease) 疾病管理プログラムの効果の検討」平成25年度登録者 最終報告書

損保ジャパン記念財団叢書 No.82 「ディジーズ・マネジメント政策課題研究会」報告書 「ディジーズ・マネジメントに関する政策の国際比較」. 平成24年、損保ジャパン記念財団(座長:田中滋, 研究委員:森山美知子他)