センター客員研究員

増原 宏明 /MASUHARA, Hiroaki< 研究者一覧へ戻る

Masuhara

信州大学 経済学部 准教授

【略歴】

1999年一橋大学経済学部卒業、2014年一橋大学で博士(経済学)を取得。2005年国立長寿医療センター(現国立長寿医療研究センター)長寿政策科学部研究員、2009年広島国際大学医療経営学部講師を経て、2016年より信州大学経法学部准教授。専門は医療経済学・応用計量経済学。医療経済関係では、受診行動の分析と医療経済学で用いるミクロ計量モデルの開発を研究。

【最近の研究成果】

Masuhara, H., “Essays on Unobserved Heterogeneity and Endogeneity in Health Econometrics,” PhD thesis, Hitotsubashi University, 1-112, 2014.

増原宏明 (2016), 「有限混合モデルの個数特定化のための検定統計量に関する一考察」, 『広島国際大学医療経営学論叢』, 8, 61-76.

増原宏明・小西幹彦・丁井雅美・林行成 (2016), 「保険者医療費データによる生涯医療費シミュレーションのための統計理論」, 『日本医療経営学会誌』, 9(1), 47-56

丁井雅美・北村晃・小笠原雅人・増原宏明・小西幹彦・林行成 (2015), 「医療機関における大規模災害時の緊急参集システム」, 『モバイル学会誌』, 5(1), 1-8.

林行成・丁井雅美・小西幹彦・増原宏明 (2013), 「医療経営における成果主義的報酬システムの検討」, 『日本医療経営学会誌』, 7(1), 15-22.

増原宏明・小西幹彦・丁井雅美・林行成 (2013), 「医療経営における費用配賦の統計学的考察:観察不可能な費用と有限混合分布モデル」, 『日本医療経営学会誌』, 7(1), 23-29 .

Masuhara, H., “Hurdle and Non-hurdle Specifications of Finite Mixture Count Data Models for Medical Care Demand,” The Bulletin of Department of Health Services Management, Hiroshima International University, 4, 57-67, 2013.

Masuhara, H., “Semiparametric Specifications of Unobserved Heterogeneity in Count Data Models: An Application to Medical Care Utilization,” The Bulletin of Department of Health Services Management, Hiroshima International University, 3, 41-49, 2012.

西川浩平・増原宏明・荒井由美子 (2009), 「人工透析患者における外来受診行動についての分析」, 『季刊社会保障研究』, 44(4), 460-472.

Masuhara, H., “Semi-nonparametric Count Data Estimation with an Endogenous Binary Variable,” Economics Bulletin, 3(42), 1-13, 2008.

Masuhara, H., “Semi-nonparametric Estimation of Regression-based Survival Models,” Economics Bulletin, 3(61), 1-12, 2007.