センター研究員

金子 能宏 /KANEKO, Yoshihiro< 研究者一覧へ戻る

Kaneko

一橋大学経済研究所世代間問題研究機構 教授

【略歴】

1983年一橋大学社会学部卒業、1985年一橋大学経済学部卒業、1990年一橋大学大学院経済学研究科博士課程修了(1993年、経済学博士号取得)。日本労働研究機構研究員国立社会保障・人口問題研究所社会保障応用分析研究部長、社会保障基礎理論研究部長、政策研究連携担当参与を経て、2016年8月から現職。専門は財政学・公共経済学・社会保障論。著書に「年金の経済分析」(東洋経済新報社、1996年共著、労働関係図書優秀賞受賞)、「新たなリスクと社会保障」(東京大学出版会、2012年)、「社会保障の国際比較研究」(ミネルヴァ書房、2014年共著)等がある。

【最近の研究成果】

Kaneko, Y., “Chapter VI. Social Security System,” Labor Situation in Japan and Its Analysis: General Overview 2015/2016, The Japan Institute for Labour Policy and Training, 2016.

Kaneko, Y.,” Policy for People with Disabilities”, Chapter 8, Social Security in Japan 2014, National Institute of Population and Social Security Research, 2015.

金子能宏「自殺対策の効果とその評価」,本橋豊編『よくわかる自殺対策-他分野連携と現場力で「いのち」を守る』,ぎょうせい, 第1部第3章(13), 68-75, 2015.

Kaneko, Y., “Life security function of the public pension insurance and supplementary role of the corporate pension scheme - in the case of Japan,” The proceedings of The 10th International Conference on Social Security, Beijing, China 2014 International conference proceedings, 2014.

金子能宏(2013)「社会保障財政および個人負担への影響」, 西村周三監修/国立社会保障・人口問題研究所編『地域包括ケアシステム』, 慶應義塾大学出版会, 47-70.

Kaneko, Y., “Population ageing and old-age income security in Japan,” Proceedings of International Conference on Population Ageing and Old-age Income Security, Korea Institute for Health and Social Affairs, Korea 2013 International conference proceedings, 2013.

鈴木亘・金子能宏(2011)「高齢者医療において政府はどこまで責任を持つべきか」, 八代尚宏・鈴木亘編『成長産業としての医療と介護 ―少子高齢化と財源難にどう取り組むか―』, 日本経済新聞出版社, 103-131.

鈴木亘・金子能宏(2010)「アンケート調査に基づく患者負担と医療給付のあり方に関する考察」『経済論集(学習院大学)』, 47 (3), 199-218.

Kaneko, Y., “Social Safety Net Capacity Building Programs in JAPAN,” Proceedings of ASEAN Workshop on Social Safety Nets Capacity Building, Korea Institute for Health and Social Affairs 2010 International conference proceedings, 2010.

金子能宏(2010)「医療保険制度の展開と日本経済への影響」, 内閣府経済社会総合研究所 企画・監修/井堀利宏 編『財政政策と社会保障』, 慶應義塾大学出版会.

Hashimoto, H., H. Noguchi, P. Heidenreich, O. Saynina, A. Moreland, S. Miyazaki, S. Ikeda, Y. Kaneko, and N. Ikegami, “The diffusion of medical technology, local conditions, and technology re-invention: a comparative case study on coronary stenting,” Health Policy, 79 (2-3), 221-230, 2006.

山田聖子・金子能宏(2003)「子供のリスク分散の役割が家計の資産選択に及ぼす影響について」『医療と社会』,第13巻3号, 131-145, 2003.

金子能宏「高齢者の世帯構造と医療需要」『季刊社会保障研究』36(1), pp.134-148, 2000.

 

 

研究業績・経歴詳細(一橋大学 研究者情報)