センター研究員

林 大樹 /HAYASHI, Hiroki< 研究者一覧へ戻る

teacher-06

一橋大学大学院社会学研究科 教授

【略歴】

一橋大学大学院社会学研究科博士後期課程単位取得退学後、1985年一橋大学社会学部専任講師、1988年同助教授、1997年より現職。2004年度~2007年度に文部科学省特色ある大学教育支援プログラム選定「人間環境キーステーションとまちづくり授業」事業推進責任者。2004年より東京医科歯科大学大学院医療管理・政策学修士(MMA)コース運営協議会委員および同大学非常勤講師。コミュニティ政策論を専門とし、地域における生活環境改善・健康づくりの研究に取り組んでいる。東京都認知症対策推進会議委員や国立市介護保険運営協議会会長を務めている。

【関連する研究成果】

林大樹(2013)、「地域創造マネジメントと大学教育」『一橋ビジネスレビュー』, 61( 2), . 6-20.

菱沼勇介・田中えり子編、林大樹・横田雅弘監修 (2012), 『学生まちづくらーの奇跡――国立発!!一橋大生のコミュニティ・ビジネス』, 学文社.

林大樹(2007)、「第4章在宅の看取りにおける現状と課題-(1)医療・保健・福祉の連携の課題」, 新田國夫編『家で死ぬための医療とケア―在宅看取り学の実践』,医歯薬出版.

 

研究業績・経歴詳細(一橋大学 研究者情報)