Health Technology Assessment (HTA)をテーマに国際ワークショップを開催しました。

 
センターでは、11月13日(月)にタイの Health Intervention and Technology Assessment Program (HITAP)  のFounding Leader であるDr. Yot  Teerawattananonを基調講演の講師にお迎えし、国際ワークショップ「Implementation of HTA in Japan and other Asian countries」を開催しました。
 
Yot氏によるHITAPの政策や研究プログラムやその課題についての講演と質疑応答が行われました。引き続いて、HITAPの国際ユニット長であるWaranya Rattanavipapong氏から、HTAsiaLink(アジア諸国のHTA機関の相互の連携を支援するネットワーク)およびGEAR(医療分野の経済評価を行う際の技術的問題の解明を支援するための研究情報データベース)が紹介されました。
 
後半のパネルディスカッションでは、基調講演の内容を踏まえ、日本におけるHTAの導入について、また、Global Health(ことにUniversal Health Coverage(UHC))について議論が交わされました。ワークショップはEvidence-Based Policy Making (EBPM)(根拠に基づく政策形成)の推進の必要性を強調して締めくくられました。
 
なお、本ワークショップは、医療政策・経済研究センターの第18回定例研究会および一橋大学国際交流セミナーを兼ねて開催されました。
 
ForWeb_IMG_2069ForWeb_IMG_2086ForWeb_IMG_2077ForWeb_IMG_2158
 基調講演を行うYot  Teerawattananon氏HTAsiaLink、GEAR, HITAPの紹介をするWaranya Rattanavipapong氏 会場の様子 記念撮影(GEARの帽子をかぶって)

パネルディスカッション

ForWeb_IMG_2129ForWeb_IMG_2120ForWeb_IMG_2136ForWeb_2_IMG_2154
 パネルディスカッションの司会をする佐藤センター長(一橋大学大学院経済学研究科教授)五十嵐中、東京大学大学院 薬学系研究科 特任准教授(センター客員研究員) 鎌江伊三夫、東京大学公共政策大学院 特任教授/キヤノングローバル戦略研究所 研究主幹 渡部晃三 JICA人間開発部次長兼保健第二グループ長(中央)
 

プログラム

日時2017年11月13日(月) 16:30-19:00
会場 一橋講堂2階 中会議室1、2
〒101-8439 東京都千代田区一ツ橋2-1-2 学術総合センター2階
アクセスマップ http://www.hit-u.ac.jp/hall/file/menu-016/file_01.pdf
プログラム16:30-17:30講演「No Health without HTA: a short story of HITAP in Thailand and beyond」
Dr. Yot Teerawattananon, Founding Leader, HITAP, Department of Health, Thailand
17:30-17:45HTAsiaLinkおよびGEARの活動紹介
Ms. Waranya Rattanavipapong, Head of International Unit, HITAP, Department of Health, Thailand
17:45-17:55休憩
17:55-19:00パネルディスカッション「Implementation of HTA in Japan and other Asian countries」
パネリスト
Dr. Yot Teerawattananon, HITAP, Department of Health, Thailand
五十嵐中、東京大学大学院 薬学系研究科 特任准教授/医療政策・経済研究センター客員研究員
鎌江伊三夫、東京大学公共政策大学院 特任教授/キヤノングローバル戦略研究所 研究主幹
渡部晃三 JICA人間開発部保健第二グループ 次長
司会
佐藤主光、一橋大学大学院経済学研究科 教授/医療政策・経済研究センター長
言語 英語
 

HITAPとは

The Health Intervention and Technology Assessment Program (HITAP) is a semi-autonomous research unit under Thailand’s Ministry of Public Health. It was established in 2007 as a non-profit organization in order to take responsibility for appraising a wide range of health technologies and programs, including pharmaceuticals, medical devices, interventions, individual and community health promotion, and disease prevention as well as social health policy to inform policy decisions in Thailand. In 2013, HITAP established an international unit, drawing on its experiences locally and internationally, to work at the global level with overseas development aids, international organizations, non-profit organizations, and overseas governments to build capacity for health technology assessment.
 
HITAP ウェブサイト<外部リンク>
GEAR, HITAP ウェブサイト<外部リンク>
HTAsiaLink ウェブサイト<外部リンク>